美容整形で理想の小顔をゲット|ボトックス注射の特徴を大公開

美容整形外科の選び方

ウーマン

小顔になりたいという人には美容整形外科でボトックス注射をすると効果があります。そしてその美容整形外科の選び方はアフターフォローの保証があり値段も適切なところがいいでしょう。また医師の経験が豊富で親身になって話を聞いてくれるところが最適です。

もっと読む

美容整形で人気の施術

頬を触る人

気軽に受けられる整形

ボトックスとはボツリヌス菌が出す「ボツリヌストキシン」という毒素を無毒化して、病気の治療や美容整形に活用できるように製品化した薬剤のことで、神経と筋肉が結合する部分に働きかけて筋肉の動きを弱める働きがあります。ボツリヌストキシンは脳から神経を通って筋肉に伝わる伝達物質の働きを阻害し、筋肉の動きを抑えるためです。美容整形ではその働きを活用し、筋肉の動きによってできるシワやエラを解消する施術を行っています。ボトックスに小顔効果があると言われる理由は、一般的にエラと呼ばれている「咬筋」の働きを弱めて萎縮させ、顔を小さく見せることができるためです。小顔整形ではエラを削る手術もよく行われますが、その場合には術後の通院やダウンタイムと呼ばれる日常生活に戻るための時間が必要です。一方でボトックスの施術は注射を一本患部に打つだけなので一回数分で終了し、副作用もほとんど見られません。よって気軽にできるコンプレックス解消方法として人気があります。一般の美容整形クリニックで使われている薬剤は主に3種類あります。まず1つ目は、アメリカのアラガン社製「ボトックスビスタ」です。現在流通しているボトックスの元祖とも言うべき製品で、長年使用されてきた実績から、その効果と安全性は多くの国々で高く評価されています。日本国内においても、厚生労働省が美容業界での使用を唯一認可したボトックスとして有名です。その特徴は患部にピンポイントで効果を発揮することで、薬剤が広がりにくいので周りの筋肉に影響を与えることはほとんどありません。また、ボトックスは何度も繰り返し使うと抗体ができてしまい、効果が出にくくなるという問題が起きることがあります。しかしこの製品は抗体ができにくく、繰り返し使用しても問題がないと言われています。2つ目は韓国のヒューゲル社が開発した「Rejenox(リジェノックス)」です。特徴はボトックスビスタと同じく抗体ができにくいこと、また比較的価格が安いことです。しかし何度も臨床試験が行われ、韓国安全庁の認可を受けていることから、その安全性はもちろん保障されています。価格が安い理由はいわゆる「ジェネリック医薬品」であるためです。効果についてもボトックスビスタと遜色ないと評価されており、選ぶ人がかなり多い人気の製品です。3つ目はドイツのメルツ社製「ゼオミン」です。繰り返し使うと効果が出にくくなるという従来製品の問題がかなり解消されている製品で、繰り返し使用しても効果が薄れず、かつ長持ちしやすいという特徴があります。また、他の製品よりも効果が現れるまでの時間が短く、またシワ取りに関してはかなり効果が期待できるとの研究結果も公表されています。国内で使用しているクリニックは上記の2種類よりも少なく、かつ費用はやや割高ですが、その効果の高さから現在人気が高まっている製品です。小顔整形でよく使われているのは国内でのシェアが多いボトックスビスタのようです。ただしどの製品が小顔に効果的という訳ではなく、ほぼ施術を行う医師の技術次第で結果が決まると言えます。

引き締まった顔を作ろう

注射

エラが発達して大きく見えてしまうエラ張りを改善するならボトックス注射がおすすめです。メスなど使用せずにボトックスを患部に注入することでその効果を実感する事が出来るでしょう。エラが気になる方、小顔を作りたい方は是非施術を受けてみましょう。

もっと読む

美しい顔になるために

看護師

ボトックスは、筋肉を弛緩させる効果を持つ成分です。皮膚に注入することで筋肉の力をゆるめて、筋肉を細くして顔を大きく見せていたエラをなくします。そうすることで、小顔になることが出来ます。他にも様々な美容治療に使われる人気の成分です。

もっと読む

To Top